取引所からの送金はNG?ICOのトークンを買うにはどのウォレットから送金するのが良いの?

仮想通貨を始めたのはいいけど、取引所で取り扱われているコインだけでは、いまいち儲かる気がしない。
それよりも、これから上場するコイン、ICOのトークンを買おう!
でも、いざ買おうとしたら、「取引所から直接送金してはいけないんだ?」ということを知ることに。
じゃ、とこから、またどのウォレットから送るのが良いのでしょうか?

 

 

ICOのトークン購入に最も使用されるのはイーサリアム

参加すると分かりますが、ICOトークンの購入には、イーサでの入金を指定されることがほとんどです。
もちろんビットコインでの支払いもそこそこありますが、イーサのほうが多いのではないでしょうか。

 

 

理由としては、ICOのトークンの多くが”ERC20”という規格で発行されているから、です。
僕も詳しくは説明できませんが、”ERC20”とは、ざっくりいうと、イーサリアムがベースになっている規格。
そしてICOの多くが、その規格に準じたトークンを発行しているというわけです。

 

 

持つべきものは、”MyEtherWallet”?

すでにICOに参加している多くの人が使っているのが、”MyEtherWallet”だと思います。
もちろん僕も使っています。
でも、必ずしも”MyEtherWallet”でウォレットを作る必要はありません。
いやむしろ、”MyEtherWallet”でウォレットを作ることはオススメできません

 

 

どういうこと?
と、慣れてない人には分かりにくいですよね^^;
簡単に説明したいと思います。

MyEtherWalletはこちら

 

 

”MyEtherWallet”は使っても、ウォレットは別に作る

財布

”MyEtherWallet”が提供しているのは、いわゆるお財布としての機能だけではないんですね。
イーサリアムの送受金や、”ERC20”規格のトークンの送受金なども行ってくれるところなんです。

 

 

そして、後述しますが、ハードウェアタイプのウォレット(USBスティック状などの)や、MetaMask、スマホアプリのお財布との連動もできるようになっています。
現在、実はこれらのお財布のほうが推奨されているのです。

 

 

”MyEtherWallet”でのお財布作成は簡単!?

 

”MyEtherWallet”での財布の作り方は、ざっくりいうと次のような流れです。

“MyEtherWallet”でのお財布作成の流れ

 

最後は、「秘密の鍵」を保存して終了になります。
意外と簡単!?だと、個人的には思っちゃいましたが、いかがでしょうか。
そして、次からお財布を開けたり操作する際、この「秘密の鍵」が必要になるわけです。

 

 

 

秘密の鍵で開けるのは、推奨されていない!

先に見たように、マイイーサでお財布を作るのは、意外と簡単にできちゃいます。
実際にお財布を開ける場合は、「お財布情報を見る」から「秘密の鍵」を選択します。
ところがです、お財布の操作をしようと「秘密の鍵」を選択すると、実はこの方法は推奨されていないことがわかります。

 

実は「秘密の鍵」で開けるのは推奨されていない!

 

”Thisi is not a recommended way to access your wallet.”
「お財布へのアクセスには、推奨された方法ではありません」というわけです。

 

 

そして実は、“Keystore / JSON File”と”ハーモニック文節”を選択しても、同じように
”Thisi is not a recommended way to access your wallet.”
と表示されます。
したがって、推奨されるのは、それら以外のものということになります。

“Keystore / JSON File”より上が推奨、それより下は推奨されない

 

ちなみに推奨されるウォレットで、”MetaMask”以外はすべて”ハードウェア・ウォレット”となります。

 

 

PCで操作するなら、”MetaMask”がおすすめ

個人的にオススメなのは、やはり”MetaMask”です。
複数アカウント作れるし、シンプルに使いやすいです。
そして何より、Chromeウェブストアから無料で使うことができます。

 

ただし欠点があります。
それは、PCでしか使えない、ということです。
かつブラウザが”Google Chrome”である必要があります。

 

PCがある人は、間違いなく”MetaMask”がオススメです。
”MetaMask”はこちらから

 

スマホしかないという人には、Cipher

スマホというか、僕がiPhoneユーザなのでアンドロイドは確認していません^^;
iPhoneアプリなら、”Cipher Browser”です。
MetaMask と同じようにトークンの追加もできます

 

 

僕は”MetaMask”から先に使っていましたが、こちらも使いやすいと思います。
こちらも無料ですし、何と言ってもスマホと持ち歩けるし、こちらのほうがまさにウォレットだと言えますね。

Cipher Browser - Ethereum
Cipher Browser - Ethereum
Developer: HardFork Inc.
Price: Free

 

 

ハードウェア・ウォレットなら、”Ledger Nano S”がおすすめ



”ハードウェア・ウォレット”とは、文字通りハードウェアなので、オフラインでじかに手元に置くことができます。
オフラインなので、最も安全だと言えます(失くさない限りは…ですが)。

中でも”Ledger Nano S”は、

ビットコイン(Bitocoin)、
ライトコイン(Litecoin)、
イーサリウム(Ethereum)、
イーサリウムクラシック(Ethereum Classic)、
リップル(Ripple)、

 

を始め、 数多くの暗号通貨に対応している、仏Ledger社によるUSBトークン型の最もポピュラーなウォレットです。
そして、ICOで発行される”ERC20トークン”にも対応しています。

 

ただし、コインチェックのコイン流出の件もあり、かなり品薄状態のようです。
大量にコインを保管する場合は、分散管理も含めて必須かもしれませんね。

 

 

ちなみに正規ルートでないところから購入した場合、ハッキングされたという報告もあるようです。
せっかく買うなら、目先の値段で判断せず、正規代理店で購入しましょう。

Ledger NanoS 暗号通貨ハードウェアウォレット、正規代理店はこちら

 

まとめ

結論として、現状では、ICOに参加する上で”MyEtherWallet”は欠かせないでしょう。
ただ、ウォレットは、”MetaMask”、”Cipher”、”Ledger Nano S”などを活用し、トークンの管理自体は”MyEtherWallet”と合わせ技で行うことがベストではないかと思われます。

MyEtherWalletはこちら

 

コインチェックのコイン流出の件で、取引所におけるセキュリティー面がフォーカスされるようになりましたが、あくまで自己責任における自己管理。
仮想通貨においては、特にその意識が重要ですね。

 

ちなみに僕のメインの取引所は、100%コールドウォレット管理を徹底している”QUOINEX”です。
これからICO案件にも力を入れるとのことなので、まだの方はとりあえずアカウント開設申し込みをお勧めします。
こちらも申し込みが殺到し、開設まで時間かかってるらしいので。。




関連記事

コメント

    • oikawa
    • 2018年 5月 13日

    わかり易くて、良いです
    ICOのトークンを買おうをやりましょうよ

    取引所で取り扱われているコインだけでは、いまいち儲かる気がしない
    そう思います
    FXよりも効率が良いんじゃないの
    まだ 初心者です
    よろしく お願いします

      • watanabeo
      • 2018年 5月 13日

      コメントありがとうございます。
      僕も初心者に毛が生えたようなもんです、
      まだまだ勉強中です^^;

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人Nabeoさん


熊本出身の東京在住です。

当面は、仮想通貨、FXを中心に投資情報を発信していく予定です。






spectrocoin

3ヶ月間オンライン投資スクールキャンペーン実施中!

友だち追加

follow us in feedly

ドライバーショットをGoProで試し撮り

ページ上部へ戻る