マイニングを始めよう!と思い立ってたどり着いたのは、”HASHFLARE”だった

マイニング

この仮想通貨ブームでしっかり稼ぐためには、ただ値上がりに期待するのではなく、やっぱりマイニングもしなきゃいけのか?
上昇トレンドにある間に、マイニングでコイン自体も増やして行く。
というわけで、僕の場合、“HASHFLARE”にたどり着いたのですが、その経緯をご紹介したいと思います。

 

“マイニングカート”って、どうなの?

マイニングカート
実はとあるコミュニティにて、”マイニングカート”というマイニング会社を紹介されたのです。
話を聞いて、
「なるほどな。少額から始められるのなら、今のトレンドならマイニングもやったほうが良いかも」
と思ったわけです。

 

値上がりに期待するだけではなく、マイニングでコインも増やして行く。
現状では、それをやらない手はないと。

 

で、もちろんググってみました。
すると、当然、その評判や検証に関する記事が出てきます。
結論から言うと、僕の中でマイニングカートは却下となったわけです。

 

マイニングカートのサイトはSSLによる暗号化がされていない!?

security

 

金融に関するサービスを提供するにも関わらず、今どきSSLによる暗号化もされていないなんて!
ググってたら、誰かがそんなことを書いていたので確認。
ちなみにSSLとは、ざっくり言うと、URLの頭の「http」が「https」になっていれば良いのですが、実はそれだけでは不十分だとのこと。

 

僕が確認した時点では、マイニングカートのサイトは、すでに「https」にはなっていました。
手っ取り早く確認するには、Google Chromeの検索窓にURLをコピペしてみること。

保護された通信

鍵マークが緑色で、かつ「保護された通信」であればOK

 

そして、上の画像のように、鍵マークが緑色で、かつ「保護された通信」となっていればOK。
ちなみに上の画像はこのブログのURLです。

 

で、マイニングカートのURLはと言うと、、

マイニングカートのURL

完全に保護されていない!?

 

そう、完全には保護されていないのです。
ちなみにGoogle Chromeヘルプで次のように説明があります。

情報、または保護されていない通信
サイトはプライベート接続を使用していません。このサイトとの間で送受信される情報は、何者かによって表示または変更される可能性があります。「ログイン情報は保護されません」または「お支払い情報は保護されません」というメッセージが表示されることがあります。パスワードやクレジット カードなどの機密情報を入力しないようにしてください。

このブログですらSSL対応しているのに、どういうこと!?
と思わざるを得ません。。
ま、これだけが決め手ではないですが、何れにしても

「マイニングカートはなし!」
となったわけです。

 

“HASHFLARE”ってどうなの?

hashflare

 

すでに何人もの人が記事にしているので簡潔に。
とりあえずですが、僕はアカウントを作りました。

そして、少額(各10〜15ドルずつほど^^;)ですが、
・BTC
・ETH
・LTC
・ZEC

の4つを購入しました。

すべてのマイニングに対して、Bitcoinで入金することができる

 

現時点ではこの4つだけのようです。
”GenesisMining”と比較した記事も多いのですが、なんせほとんどが在庫切れなので、投資したくてもできない状態なのです。
“HASHFLARE”ならすぐにアカウントが作れて、入金もBitcoinで簡単にできます。
あとはマイニング開始を待つだけ、です。

 

入金確認が済んでもすぐにマイニングは始まらない!?

いろんな記事を読んでると、”HASHFLARE”ならマイニングもすぐに開始されるとありましたが、どうやら事情が変わったらしい。。
と思ったら、反映されるまで、数時間はかかるみたいですね^^;

Bitcoinマイニングの収益予測

Bitcoinマイニングの収益予測

 

反映されると、上図のように収益予測が表示されます。
本当にマイニングされているとすれば、Bitcoinも増えて行く、ということですね。
よしよし。

 

やっぱり事情は変わった!?最低引出額と契約期間について

え〜っと、どうやら、やっぱり事情がこれまでとは変わってるみたいですね。
まず契約期間ですが、以前は期限はなかったとのことですが、今は1年ごとの契約。
だからのんびりと待ってても、1年以内に元を取らなければ意味のないマイニングとなってしまうわけです。

 

そして最低引出額について。

最低引出額は、0.05BTCから

最低引出額は、0.05BTCから

 

ダッシュボード画面で、上図のような注意書きが表示されています。
これは、現在Bitcoinの”トランザクションfee”が高騰していることもあり、最低引出額も引き上げざるを得ない状況にあるとのこと。
また、HASHFLAREとしても鋭意努力しているところであり、現在のfeeで引き出すことはオススメしない、とのことです。

BitcoinのTransaction Fee

BitcoinのTransaction Fee 出典:https://bitinfocharts.com/

 

 

まとめ

結局、1年で元を回収して、プラスαの利益を出すためには、ハッシュレート、つまり入金額を、収益予測を元に調整する必要があるようですね。
僕も様子を見ながら調整していきたいと思います。

あ、あくまで投資は自己責任でね^^

“HASHFLARE”はこちら

友だち追加

よかったら、友達追加してね! もれなく特典を差し上げます!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人Nabeoさん


熊本出身の東京在住です。

当面は、仮想通貨、FXを中心に投資情報を発信していく予定です。






spectrocoin

3ヶ月間オンライン投資スクールキャンペーン実施中!

友だち追加

follow us in feedly

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

ドライバーショットをGoProで試し撮り

ページ上部へ戻る