ICOに参加するなら、イーサのウォレットを作っておいたほうが良いの?

財布

coincheckなどに上場しているコインを買っても、もうあまり期待できない雰囲気ですね〜^^;
やっぱ ICO に分散投資しておくほうが可能を感じる今日この頃。
となると、イーサリアム(ETH) のウォレットを作っておいたほうがいいよ、って話をしたいと思います。

 

多くの ICO トークンが、イーサで買うことになる

イーサリアム アイコン

仮想通貨歴が浅い人でも、ICO情報を物色してみると、イーサでしか購入できないんだぁ、ということに気づくと思います。
そして、参加するには、自分のイーサウォレットのアドレス登録を要する案件も多々あります。

 

もちろん、取引所のアドレスからイーサを送金することができる案件もありますが、手広くICOに参加するのであれば、専用のウォレットを作っておくことは必須条件と言っても良いかと思います。

 

取引所ではなく、専用のウォレットを作ろう

取引所は、あくまで取引をする場所であって、ウォレットは、はその名の通りお財布ですね。
売買をそんなに頻繁にしないのであれば、基本どんなコインもウォレットに置いておくのがベターでしょう。
セキュリティー面、リスク管理の問題ですね。

 

 

言っても、よほど精通していない限り、デイトレード的なことはお勧めできないし、個人的にはコツコツ、分散的に買い増していくほうがいいんじゃないかと思っています。

 

 

スマホメインの人であれば、やはり”block-chain-wallet”がお手軽だと思います。
買うと時は取引所で買って、そのあとウォレットに移行する、って感じで。

Blockchain Wallet: Bitcoin
Blockchain Wallet: Bitcoin
Developer: Blockchain
Price: Free

 

 

“MyEtherWallet”と”MetaMask”

イーサといえば、やはり”MyEtherWallet”が最もポピュラーで、オススメにはなりますよね。
そして同時に、”MetaMask”でも作る。
これがベストかもしれません。

 

 

ただし、PCかつChromeで作業することが条件となります。
スマホしかネット環境がない人って、多いですからね。
だから最初に”block-chain-wallet”がオススメかな、と書いたわけです。

 

”MyEtherWallet”と”MetaMask”の作り方については、ここでは触れないので、わからない方はググって見てください。
簡単に出てきますから、大丈夫です^^;

 

ちなみに、Metamaskは、Chromeの右上のところに追加されるので、管理するのにホントに便利だと感じるはずです。
一応、リンクだけ貼っておきます。

・MyEtherWalletはこちら

・MetaMaskはこちら

 

配当やボーナスがもらえる”ICO”案件

ICOは、案件によっては配当やボーナスがもらえるものがよくあります。
なので、僕もキャピタルゲインだけでなく、その点もチェックしながら案件を物色している感じです。
そして、その配当を受け取る際に、やはりイーサのウォレットを登録する必要があったりするわけです。

 

そこで、そんなボーナス的なものがもらえる案件を一つご紹介しておきたいと思います。

 

 

配当と紹介料がもらえる”SpectroCoin”

spectrocoin

SpectroCoinとうのは、名前が紛らわしいですが、コインの名前ではありません。
現在(2018年2月末まで)、ICOが進行中のプロジェクトで、対象のコインは、”BNK”です。

 

”Bankera(バンクエラ)”というコインで、仮想通貨の取引所、および銀行ライセンスを取得し、預金や投資信託などの銀行業務も行う新たな形の銀行を目指しているプロジェクトです。

 

SpectroCoinは、実はウォレットの役割も担っています。
SpectroCoin内に、ビットコインやイーサ、ネムなどのウォレットがあり、そこでドルやユーロ、円への交換も可能です。

 

 

”BNK”を保有している人は、イーサで配当がもらえて、SpectroCoinにあるウォレットに送られてきます。
ちゃんとお知らせのメールも届きます。

 

そして、友達などに紹介した場合、その紹介した人が支払う手数料の10%を報酬としてもらえます。
あくまで、これらの報酬はおまけです。
“BNK”は、この2018年上半期最も期待値の高いICO案件の一つ。
キャピタルゲインに期待しつつ、せっかくもらえる配当や報酬もいただきましょう。

 

今後はビットコインよりも手堅いと言われるイーサでもらえるのですから。

SpectroCoinはこちら

 

 

おわりに

coincheckなどに上場しているコインは、おそらく2017年が最も稼ぐチャンスだったのではないか。
と僕は思っています。
実際、身近に2016年末から買っておいて、2017年にガッポリ、って人がいます。
正直、僕はそこのステージには乗り遅れてしまいました。。

 

 

この2018年、優良なICO案件を物色しながら、手広く分散投資していきたいと思います。
どれか当たってくれれば、って感じで。
もしあなたも同じように感じているのであれば、とりあえずイーサのウォレットは作っておきましょう。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人Nabeoさん


熊本出身の東京在住です。

当面は、仮想通貨、FXを中心に投資情報を発信していく予定です。






spectrocoin

3ヶ月間オンライン投資スクールキャンペーン実施中!

友だち追加

follow us in feedly

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

ドライバーショットをGoProで試し撮り

ページ上部へ戻る