2018年上半期、最も期待値が高い仮想通貨!?のICO、”BNK” とは?

上半期ICO BNK

2017年は仮想通貨元年と呼ばれながらも、その後半には早くも仮想通貨はもはやバブルだという声もありました。
確かにBitcoinは異常(と思えるよう)な上昇ぶりを見せました。
ただ、そんなバブルだとか言う意見に振り回されていては、はたまた機会損失を招いしてまいますね。
特に、おいしいICOは絶対に逃したくないところ。
で、とりあえず年初のおいしそうなICOの一つでもある”BNK” を、僕も買ってみました。

 

“BNK(Bankera)”ってどうなのよ?

おそらく、「Bank(銀行)+era(時代)」ですね^^;
銀行の時代、だと意味がおかしいから、時代に合った銀行、みたいなニュアンスを持たせてるのかなと。
一瞬、「バンケラ」?と思ったのは僕だけではないはず。。
バンクエラ、ですね。

 

公式サイトのロードマップやホワイトペーパーを見ると、ICO終了後は、ちゃんとライセンスを取得し、リアルに銀行業務を行う予定のようですね。

主な銀行業務は、
・モバイルのウォレット機能
・ETFのような投資サービス
・ローンや預金サービス
・仮想通貨の取引所

とあります。

 

当初はSCAM(詐欺)じゃないかという噂もあったようですが、ここに来て現実味も増し、期待値も高まりつつあるようです。
なお、”BNK”は、次の項で紹介する”SpectroCoin”で買うことができますし、ICOのページにもそこから飛ぶことができます。

”SpectroCoin”へはこちら

 

BNKを買えるのは、”SpectroCoin”

で、どこで”BNK”を買えるのかというと、その名も”SpectroCoin”というウォレット。
ネーミングからして、ちょっと紛らわしいですね。
”BNK”は通貨名で、”SpectroCoin”はウォレットなのです。

 

”SpectroCoin”は、Bitcoinをはじめとする、複数の仮想通貨のウォレットで、その中に”BNK”も含まれているわけです。

SpectroCoin Wallet

ウォレットとして複数の仮想通貨を管理できる

このウォレット内で、手数料もかからず簡単に両替することができます。
昨今、取引所に置きっ放しにするのもハッキングの恐れもありますし、分散してこのウォレットに保有しておくのありかもですね。

 

登録も思いのほか簡単でした。
ちなみに僕はBitcoinで入金して、ウォレット内で”BNK”に交換しました。
多分、この方法が手っ取り早いと思います。

”SpectroCoin”の登録はこちら

 

ICOの間、配当がもらえる!?

コインとハート

”BNK”のICOは、2月いっぱい、もしくは上限額に達したら終了とのことです。
そして、保有する”BNK”に対して、ICOの期間中、イーサリアムで配当がもらえるそうです。
僕の場合、”BNK”を購入してすぐこの記事を書いているので、現時点ではまだ貰えてはいませんが、実際にもらっている人は多数いますし、どうやら間違いはなさそうです。

 

おわりに

ICO is live now !

2018年1月3日現在

 

仮想通貨は、兎にも角にも、一口でもそれを持っているかどうか。
そこがチャンスを掴めるかどうかの分かれ目ですよね。
それは2017年に、ヒシと痛感しました。
それがICOともなればなおのこと。

まだの方、”SpectroCoin”、ぜひチェックしてみてくださいね。
”SpectroCoin”の登録はこちら

 

ちなみに、”SpectroCoin”のアプリもちゃんとありますね。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人Nabeoさん


熊本出身の東京在住です。

当面は、仮想通貨、FXを中心に投資情報を発信していく予定です。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で


3ヶ月間オンライン投資スクールキャンペーン実施中!

友だち追加

follow us in feedly

ドライバーショットをGoProで試し撮り

ページ上部へ戻る