ビットコインは頭打ち?初めて仮想通貨を買うならリップルがオススメな理由

ビットコイン

今年に入って、急激に仮想通貨(暗号通貨)が盛り上がっています。
特に、リップル(XRP)の注目度が高まっていて、その価値も急上昇しています。
何故なのか?
その背景をちょっとまとめてみたいと思います。

 

 

ビットコインは実質的に取引処理の限界に達しており、かつマーケットシェアは下がる一方である中、XRPはより速く、より効率的に、そしてよりスケーラブルな手段を提供します。法人利用を想定して設計されたXRPは国際送金におけるオンデマンドの流動性を提供するツールとして金融機関に使用されることができます。ペイメントプロバイダーや銀行はXRPを使うことによって途上国へのアクセスを向上し、決済コストを低減することができるようになります。

出典:https://ripple.com/insights/ripple-to-place-55-billion-xrp-in-escrow-to-ensure-certainty-into-total-xrp-supply/

 

 

仮想通貨とは?

 

ビットコインとは?

 

今まで一切興味がなかった、というあなた。
仮想通貨って、オンラインゲームとか、限られた空間の中だけで使える通貨だと思っていませんか?
実際始めるまで、僕もそう思っていました。

 

 

こういう情報って、能動的に調べたりしない限り、まだまだ耳に入ってこないんですよね。
ググってるうちに、WBS(ワールドビジネスサテライト)でやってたって目にするけど、たまにしか見ければその回を見逃すだろうし、見たとしても興味がなければスルーしてしまう。

 

 

結論から言うと、仮想通貨といっても、ちゃんとお金として使えるんです。
そして今、千載一遇のチャンスだというのです。
誰もが、小金持ち、うまくいけば大金持ちになれるとチャンスが目の前に転がっているというわけです。

 

 

 

仮想通貨をどうやって生きたお金にするのか?

 

バンドルカード

 

僕に仮想通貨を教え、勧めてくれたのは会社の同僚です。
その人は、XRP(リップル)が0.5円くらいの時に、10万円程から始めて、現在、700万円前後まで増えています。
実際スマホで見せてもらいました。
凄くないですか!?

 

 

 

バブルですよ、バブル。
値上がりした通貨は、取引所で売却・出金して、ちゃんと日本円で自分の口座に入れることができます。
ただし、1回の出金で400円の手数料がかかります。

 

 

 

でも僕の同僚は、バンドルカード、つまり仮想通貨と紐付けされたプリペイドのVISAカードに、使いたいとき使いたい分だけをチャージして使っているそうです。
VISAなので、ほとんどの買い物ができます。
基本的にアプリによるバーチャルカードなのですが、300円の手数料でリアルカードとして発行することもできます。

 

 

 

今のところ、この活用方法が一番いいような気がします。
長期ではまだまだ上昇傾向にあるため、通貨を持っているだけで増え続けているのですから。
お金の使い道は人それぞれですが、そこまで増えたなら多少の贅沢もありでしょう。

 

 

 

ちなみに、ビックカメラがビットコインでの決済をすでに開始しています。
まだまだ少ないですが、もうリアル店舗でも活用が始まっているんです。

 

 

なぜリップルなのか?

 

リップルのロゴ

 

なぜリップルが急進しているのか?
単純に、信頼できそうなニュースが立て続けに発表されているから?というのが、大方の認識ではないでしょうか?

 

 

直近では、東京三菱UFJ銀行、MUFGが「正式にRipple(リップル)を採用する」と発表したことが大きいようです。
「Ripple(リップル)を採用する」というのは、リップルのブロックチェーンという技術を使った、次世代の決済システムを採用するということらしいです。
僕も難しいことは分かりません…

 

 

ざっくり言うと、より安全に、より速く、より低コストで、送金や決済を行うことができるということ、らしいです。
そしてこのリップルの元に、世界連合が組まれたり、コンソーシアムなる共同事業体が立ち上げらているというのです。
で、何と言っても、そこに参加している企業の内訳がこのブームを底上げしているといっても過言ではないのです。

 

 

 

 

 

すでに多くの銀行が参加している、リップル世界連合、SBIコンソーシアムとは?

 

リップルに参加する銀行

 

リップルの世界連合に参加しているのは、主に次の銀行です。

 

・バンク・オブ・アメリカ

・メリルリンチ

・クレディスイス

・HSBC

・シンガポール中央銀行

 

このメンバーに東京三菱UFJ銀行、MUFGが参加としたいうわけです。

MUFGはさらに、SBIホールディングス株式会社とその子会社、SBI Ripple Asiaが事務局として運営する「内外為替一元化コンソーシアム」にも参加を表明しました。
このコンソーシアム、つまりこの共同事業にはすでに国内50行以上の銀行の参加が確認されています。

 

 

みずほフィナンシャルグループ、イオン銀行、セブン銀行、イオン銀行、その他あちこちの地方銀行が参加しています。
詳しくは、SBI Ripple Asiaのホームページで確認してみてください。

https://ripple.com/sbi-ripple-asia/

 

 

 

リップルには世界の名だたる企業が出資している

名だたるベンチャーキャピタル

 

銀行のネームバリューだけではないのです。
リップルには、実は世界の名だたるベンチャーキャピタルが出資しているのです。

 

 

一番分かりやすいところで言えば、Googleさんですよね。
このようなバックボーンが明るみになったことも、後押ししている要因の一つと言えるのではないでしょうか?

 

 

 

 

どこで、どうやって買うの?

始めるなら、やっぱりコインチェックが一番オススメです。
ちなみに現在、12種類の通貨を扱っています。

 

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

 

 

Facebookアカウントを持っているなら簡単に登録できますよ。

 

コインチェックの登録画面

 

あとは、指示される手順通りに行うだけです。
①必要項目に入力する
②本人確認書類、だいたい免許証になると思いますが、写真に撮ってアップロードする。
③後日(2〜4日後)、本人確認のハガキが簡易書留で届きます。

 

コインチェックの本人確認ハガキ

ざっとですが、これで全ての承認が完了します。

 

 

ただ、ハガキが届く前でも、5万円以下なら取引を開始することができます。
入金は、ネット銀行の口座があれば銀行振込、またはコンビニ支払いが良いでしょう。

 

 

ちなみに、SBI住信ネット銀行の口座をお持ちなら、ランクに応じてですが、月3回〜15回まで振込手数料はゼロ円です。
原則、24時間365日可能です。
僕はたまたま持っていたので、振込してから10分前後で反映されました。

 

 

今どき、ネット銀行口座は持っていた方が何かと便利です。
お持ちでないなら、SBI住信ネット銀行やジャパンネット銀行がオススメですよ。
VISAデビットカード対応で、ガソリンスタンドでも使えますから。

 

簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck

終わりに

そうはいっても、感覚的には投機だと思っていた方が良いでしょう。
始めるにしても、無くなっても困らない程度の金額で始めましょう。
ちょっと長い目で見て、一喜一憂しないこと、ですね。

 

 

最初にガッと注ぎ込むのではなく、時どき買い足していくのがいいのかもです。
あくまでも自己責任で。
色々調べるうちに詐欺などの怪しい情報も出てきますので、くれぐれもご注意ください。

 
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

管理人Nabeoさん


熊本出身の東京在住です。

当面は、仮想通貨、FXを中心に投資情報を発信していく予定です。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

follow us in feedly

ドライバーショットをGoProで試し撮り

ページ上部へ戻る