アドセンスを張れないサイトで使うクリック型広告を使ってみる

Googleアドセンスは規約が細かく、どんなサイトでも貼れるわけではありません。
そんなアドセンスが貼れないサイトを立ち上げて、アドセンス以外のクリック報酬型広告を貼って検証してみました。

スマホ向けなら”nend”は必須!?

スクリーンショット 2016-05-05 11.23.33

あくまで、立ち上げてほんの1、2週間ほどのサイトによる検証です。
クリック単価だけでいけば”nend”が約8円と一番高いです。
忍者AdMaxがここでは一番低いですが、PCではクリックされやすかったり、他のブログなどでも割と評価されているをちらほら見かけます。

 

設置場所は記事タイトル下がベスト!?

スクリーンショット 2016-05-05 11.20.29

nendの一覧表が見やすかったので載せてみました。
クッリクされるのは、俄然、記事タイトル下みたいですね。
稼ぎ頭となりそうな広告、単価が高めで安定している広告を貼るなら、ここででしょう。

 

広告もいろいろと変えてくれるnend

IMG_9777

IMG_9778

検証したサイトでは、基本的に記事の上下に貼っていますが、nendは配信する広告をいろいろと変えてくれます。
18禁の設定、もしくは解除もできます。
アドセンスでは絶対できないですね。

 

個人的には”AMoAdとnend”

スクリーンショット 2016-05-05 11.45.12

最初はnendとimobileと忍者Adを貼って、後発で、AMoAdを貼ってみました。
忍者Adは18禁有りにするとかなり露骨な広告が出ます。
それがPCでクリックされやすいのでは?という印象。

個人的には、nend必須で、imobileを外してAMoAdで行こうと考えています。
そして忍者のネイティブ広告をちょこっと。

というのも、imobileって、バリエーションが少なく、ずっと同じのが出てる印象なんですよね。
AMoAdの方がnend同様にいろいろ配信してくれる印象です。

 

まとめ

アドセンスの停止をくらったという記事もちらほら目にします。
でも調べてみれば、今回ご紹介した以外にもクリック型広告はいろいろあります。
また、他人の評価を参考にしつつも、自分で検証してみた方が早いです。

ぜひ参考程度で、あなたも試してみてください!

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人Nabeoさん


熊本出身の東京在住です。

当面は、仮想通貨、FXを中心に投資情報を発信していく予定です。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

follow us in feedly

ドライバーショットをGoProで試し撮り

ページ上部へ戻る