これってあり?一つのブログを複数のTwitterアカウントで連携する方法

ブログはもちろん、FacebookにInstagram、YouTubeにTwitter。
昨今、情報発信にSNSを連携するのは当たり前となっています。
今回は、一つのブログに、複数のTwitterアカウントを連携させる方法をご紹介いたします。

無料で使える”IFTTT”がすごい!

 

1

先述の通り、言わずもがな、無料ブログでも連携機能くらいは当たり前についています。
でもそれって、一つのアカウントだけなんです。
それはそれで、ある意味当たり前ですが。

”IFTTT”を利用すると、変な話、いくらでも連携することができます
通称、「イフト」と呼ばれていますが、ウェブ上で利用出来る無料のサービスです。

”If This Then That”の略で、「もしこうすれば、あれをああする」という感じ?で、アプリやウェブサービスを連携してくれるんですね。
今回は、「ブログを更新したら、Twitterでつぶやく」という設定をしたいと思います。

まずは、上図の「Sign Up」をクリックしてアカウントを作ります。
もちろん無料です。
IFTTTはこちら

 

一度登録すれば、あとは放ったらかし!

2

英語のサイトなので、ぱっと見面倒臭そうですが、やってみれば思いのほか簡単です。
一度連携すれば、あとは放ったらかしなので、最初の登録作業だけ頑張りましょう。
登録は、メールアドレスとパスワードを入力するだけです。

 

実際の連携方法

3

アカウントを作ったら、上記の画面が現れます。
まずは、きっかけとなる「this」をクリックします。

4

するとデフォルトで上図の画面になります。
ブラウザで、一旦前のページに戻ります

5

メアドだけ入力されているログイン画面になるので、設定したパスワードを入力して改めてログインします。

6

「Create a Recipe」をクリック
自分がやりたい設定を「レシピ」と呼ぶんですね。

7

改めて「this」をクリック。

8

するといろんなウェブサービスやアプリのアイコンが出てきます。
今回は「更新したらつぶやく」なので、下へスクロールして「Feed」を探します

9

見つけたらクリック。

 

10

「Trigger」、”引き金”を選択します。
ここでは、「New feed item」をクリックします。

12

ボックスの中に、feedのURLを入力してクリック。
更新したいサイトの末尾に、「/feed」を足すだけでOKです。

ちなみに「Feed」とは、「RSSリーダー」などに使われている手法ですね。
お気に入りのサイトをRSSリーダーに登録しておくことで、記事が更新されたらお知らせしてくれるというもの。

今回はRSSリーダーではなく、更新されたら、”つぶやかせる”というわけです。

13

更新された次のアクション、「that」をクリックします。

14

Twitterのアイコンを探してクリック。

15

「Connect」をクリック。
この時、他のページでしたいTwitterアカウントにログインしておきます。

16

連携したアプリなのか確認したら、「連携アプリを認証」をクリック

17

まだ終わりません。
「Continue to the next step」をクリック

18

Twitterにどういうアクションをさせるかを選択します。
画像も載っけたいので、「Post a tweet with image」を選びます
実はここがミソなんですね。

この設定で、記事内にある画像をピックアップしてつぶやいてくれるんです。

19

この画面が現れます。

20

二つある上のボックス内をクリックします。
するとボックス右上に”フラスコ”マークが出るのでクリックします。

21

ここでは、サイトのURLも載っけてくれるよう設定します。

22

ここで、「EntryUrl」を選択し、「Add Ingredient」をクリック
ここもミソなんです。
実はこの設定で、サイトのURLを変換してくれるというわけなんですね。
念のために、変換してくれた方がいいという方も多いはずなので・・・

23

「Create Action」をクリック。

 

スクリーンショット 2016-05-01 10.58.49

ここで最終確認画面です。
「Create Recipe」をクリックして完了です。

25

”レシピ”が作成されました。

1レシピに対して、1アカウントが必要!

タイトルにあるよう、複数のTwitterアカウントを登録する際の注意点としては、同一のレシピは一つの「IFTTTアカウント」では2個以上作れないということ。

つまり、「ブログ × Twitter」というレシピは、「1IFTTT」で一つしか作れないのです。
他の種類のレシピならもちろん作れます。
例えば「ブログ× Facebook」とか。

したがって、さらにもう一つTwitterアカウントを登録する際は、もう一つ”IFTTTアカウント”を作る必要があるというわけです。
いずれにしても、Twitter自体が必ず一つメアドを要しますので、そのメアドごとにIFTTTアカウントを作ればいいわけです。

ブログは同じものでも大丈夫です。
つまり、“IFTTTアカウント”を仮に10個作ったとしたら、ブログが更新されたら10個のTwitterたちがつぶやいてくれるわけです。
通常の方法より、10倍の拡散力を持つということですね。

おわかりいただけたでしょうか?

まとめ

この”IFTTT”を使うポイントは、主に次の2点です。

・画像も載っけてくれる

・URLを変換してくれる

一見面倒くさそうですが、一度設定しちゃえば、あとはブログに集中するだけでいいのです。
どのメアドでどのアカウントに登録したのかは、エクセルなどでメモしといた方が良いでしょう。

こんなことできるSNSって、なんだかんだTwitterしかないんですね。
フェイスブックページでもできなくはないでしょうが、手間と拡散力を考えると、今のところこの方法って、ベストに近いんじゃないでしょうか?

もちろんフォロワー数の問題はあります。
これに関しては、いろんなツールがありますが、他サイトに譲りたいと思います。
発信する記事とアカウントがなければフォロワーも増やしようがないので、まずはそれが先決かと。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人Nabeoさん

熊本出身の東京在住。

住む場所を選ばないキャッシュフロー構築のために奮闘中!

最近、仮想通貨の研究を始めました。
随時、更新していきますので、参考にしていただければ幸いです。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

follow us in feedly

ページ上部へ戻る