おなまえドットコムで30円の独自ドメインを取得する手順

単純に、”お名前.com”で新規で独自ドメインを取得する手順のご紹介です。
別記事でご紹介するネットビジネスを遂行する上で、独自ドメインが必須となるため、一応取得方法を書いておきたいと思います。

 

 

最安で30円から取得できちゃう!

 

1

こんな時代だし、できる限り最小限の投資で行いたいということで、最近個人的に30円の独自ドメインを10個ほど買ってみました。
それでも300円・・・安いっ!

追って別記事で紹介したいと思いますが、サイトを立ち上げて1週間で元を取れますので、じゃんじゃん格安ドメインを活用しましょう。

 

 

 

気軽に好きなドメインを検索してみよう!

 

2

すぐに必要じゃなくても、近々サイトを立ち上げる予定があるなら、気軽に検索してみましょう。
SNSの発達もあって、最近は値段が高けりゃいいという問題でもありません
結局はサイトやブログの内容がますます重要になってきます。
安いドメインで量産するのもアリではないでしょうか?

 

ドメインを選択して申し込む

 

3

検索すると候補が複数現れます。

4

いろいろありますね。
にしても、”kyoto”高い!

5

絞り込んだら申し込みへ進みます。

 

Who is 情報公開代行って何?

 

6

申し込みに進むと、”Who is 情報公開代行”というものが出てきます。
僕の場合、忘れなければ一緒に申し込みます。

7

上図のような説明ページがちゃんとあります。
ドメイン登録者の情報公開義務があるのですが、それをお名前.comを運営する”GMOインターネット”が代行してくれる、というものです。

8

初めての方は必要情報を記入して完了です。
取得自体はこれだけです。

 

取得したドメインを利用する

 

9

取得したドメインを利用するには、”ドメインNAVI”で設定する必要があります。

ドメインNAVIはこちら。https://www.onamae.com/navi/domain.html

10

 

他社レンタルサーバーで利用する

 

11

お名前.comでもレンタルサーバーはありますが、ここでは他社サーバーをレンタルする前提でご紹介します。
なぜなら僕がそうしているからです。
といっても、ここでは同じグループの”GMOクラウド”の場合です。

上図の、”ネームサーバーの変更”をクリックします。

12

対象のドメインにチェックを入れます。

13

そして”他のネームサーバーを利用”を選択します。
すると情報の入力欄が出てきますので、レンタルしているサーバー情報を入力します。

14

上図は、GMOクラウドのネームサーバー情報です。
この情報を共通なので、こちらをコピーしていただいても大丈夫です。

・プライマリネームサバー ns.namedserver.net

・セカンダリネームサーバー ns2.namedserver.net

15

”設定する”をクリックして完了です。

 

まとめ

独自ドメインもピンきりですが、こだわらなければ本当に格安です。
結局重要なのは、どんなサイトで何を書くか、何ですよね。
また、ご紹介した利用設定までは比較的簡単だと思います。

 

ただ、実際にサイトを立ち上げる際の、”GMOクラウド”の設定がちょっと面倒なので、次回わかりやすくご紹介したいと思います。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る