当然!?googleの手動ペナルティーって、ホントに食らうんだね・・・

聞いたことはあったけど、いまひとつピンときてなかったGoogleの”手動ペナルティー”。
実際に食らってみて、なるほどね、と納得。
決してオススメできないその理由を解説いたします。

 

”Search Console”の活用は必須!

Search Console

グログなどのサイトを運営する際は、”Searc Console”の活用は必須であり常識でもあると言われています。
って、一体何なのか?
たん的に言えば、自分のサイトを検索で見つけてもらいやすくするためのツール、です。

ブログは書いているけど活用していないという方は、まずは覗いてみてください。
”Search Console”はこちら。

そしてここの規約に反することをすると、”検索”ではほぼ見つけてもらえなくなります

 

手動ペナルティーって?

手動による対策

なんとなく分かると思いますが、検索ロボットなどの自動ではなく、人の目で確認して実行するペナルティーのことを”手動ペナルティー”というわけなんですね。

上図のように、ペナルティーを食らってるかどうかは、”Search Console”で確認することができます。
僕は規約に反したと判断され、右枠のような理由でペナルティーをくらいました。

通常ならこんな感じです。
ウェブスパム対策は見つかりませんでした

 

何をすればペナルティーを食らうのか?

具体的なガイドライン

”Search Console”には上図のようなガイドラインが明示されています。
サイト運営をしてる方、これからの方は必ずチェックしておきましょう

ま、当たり前と言えば当たり前、という内容ですが。。
僕の場合、このガイドラインに反していたというわけです。
はい、自覚はあります・・・

でもこのペナルティーというのは、あくまで検索されなくなる、というものです。
そして、そもそも検索してもらうつもりで立ち上げたサイトではなかったので、僕自身ショックを受けているわけでもありません。
「これが噂の”手動ペナルティー”か、」というくらいのものです。

 

これだけはやってはいけない!”Googleアドセンス”の貼り付け

23dc44d5ba82bb581200952f2122783c_s

規約に抵触しているという自覚のあるサイトに、間違っても”Googleアドセンス”だけは貼らないようにしましょう。
アカウントが凍結されると同じ名前、同じ住所では2度と登録できなくなってしまいます

僕もさすがにそこまでの愚なことはやってません。

まとめ

ウェブ検索界は、Googleさんの一強独裁です。
要するに、ガイドラインはきっちり守りましょう、ということですね。

ただ、僕がなんでこんなことをやってしまったかというと、主にTwitterから集客するためのサイトだったから、です。
そしてアドセンス以外の広告を貼り付けてみたわけです。

そのあたりのことも、また別記事でご紹介していきたいと思います。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る