タブー!Twitterアカウントを1日で量産する方法

現時点(2016年4月)で有効な、電話番号認証も必要としない、Twitterアカウントを1日に量産する方法を公開いたします。

 

電話番号認証は不要!

スクリーンショット 2016-04-30 10.57.49

Twitterアカウントを普通に新規でつくると、必ず電話番号認証が求められます。
ただ、認証だけなので、「作って→ログアウト→また作る」を繰り返して複数作れないことはありません。

が、巷で言われているように、Twitter側からペナルティを受けるリスクがあるというわけです。
今回ご紹介する方法は、その電話番号認証すら必要ないというものです。

 

テザリングを活用する

3ee52f8919a51cf0f0a3004f6f197150_s

利用するのは、スマホのテザリング、またはモバイルルータです。
つまりテザリングでPCをネット接続するだけです。
ご紹介する方法は、この環境が必須です。

Twitterアカウントを複数作成し、ネットビジネスを行おうという方ならお持ちだと思いますが、ないという方は整えてから改めてご参照ください。

 

メールアドレスを取得する

3a84fa465f9301cb4c88eee0d90702a7_s

これも当然ですが、Twitterアカウントを作成する上では、アカウント一つに対して必ずメールアドレスを取得します。
フリーでいくらでも取れますし、その他のコツなどは他サイトに譲ります。
ちなみに僕はエキサイトを活用しています。

 

取得までの一連の流れ

一連の流れはこの通り。

1.テザリングまたモバルルータでPCをネット接続

2.プライベートブラウジングで開く

3.アカウントを新規作成する

4.「1〜3」を繰り返す

これだけです。
それでは一つづつ見ていきます。


1.テザリングまたモバルルータでPCをネット接続

 

インターネット共有

個人的にiPhoneユーザーなので、iPhoneで説明します。
「設定→インターネット共有をオン」にします。

 

スクリーンショット 2016-04-30 12.48.44

Wi-Fi接続から、自分のiPhoneを選びます。

接続確認

テザリングの場合、このようなチェーンのマークに変わります。

 


2.プライベートブラウジングで開く

ウィンドウ選択

接続したらブラウザを開きますが、この場合、プライベートブラウジングというものを使います。
理由は、これを使うと検索履歴などが残らないから、です。

 

スクリーンショット 2016-04-30 13.10.34

Safariなら「プライベートウィンドウ」、Chromeなら「シークレットウィンドウ」と呼びます。

 


3.アカウントを新規作成する

登録画面

ブラウザを開いたら、TwitterHPへアクセスし、新規登録をします。

スキップ

すると、電話番号の入力画面で、「スキップ」ボタンが現れます
したがって、電話番号入力は不要というわけです。

 

こんにちは

あとは普通にお好みで始めるだけです。

 


4.「1〜3」を繰り返す

機内モード

ここがミソなんですが、ここまでの作業を繰り返す場合は、スマホまたはモバイルルータの電源を必ず一度切ります
スマホの場合、機内モードでも大丈夫です。
その方が楽ですし。

そしてブラウザも一度閉じます。
要するに、一度接続をリセットするわけです。
そうすることで、IPアドレスが変更され、同じ人がやってるかどうか特定されないらしいのです。

 

まとめ

僕も詳しくないのですが、肝は同じIPアドレスから接続しないということです。
そして端末の検索履歴を残さないということ。

それが上記の流れでできちゃうというわけですね。
量産する場合は、エクセルなどのシートに整理することをお勧めします。
わけわかんなくなっちゃうので。

管理表

 

追伸

何気に、今回このブログの一発目の記事です。
他のブログもあるのですが、気分転換に新規ドメインで開設しました。
更新お知らせ用に「Feedly」ボタンつけましたので、よかったら是非!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る